I love Edo.

江戸の文化や歴史について学ぶブログです

History002:江戸とは...? Part2

今回も江戸について調べたことを記載していきます。

江戸とは

前回は、そもそも江戸ってなんだろうってことで、時代としての江戸ついてまとめてみました。 江戸は大きくわけて二つにわけられ、まず時代としての江戸。そして地名としての江戸です。 今回は、地名としての江戸についてかいてみたいと思います。

地名としての江戸について

単純に考えたら地名としての江戸といえば、今の東京都全域がそのまま江戸だと思っていましたが、違ったようです。 どうやら江戸の範囲は、1818年に江戸幕府が「江戸朱引図(えどしゅびきず)」を公開するまでは、 武士、農民、商人のそれぞれで江戸境界や範囲については共通の認識がなかったそうです。 1603年から1818年までの215年間は、明確な江戸が定義されていないとは驚きですね。

江戸朱引図によると江戸の境界線は、以下通りらしいです。

江東区(亀戸まで)
墨田区(木下、墨田村まで)
荒川区(千住まで)
北区(滝野川村まで)
豊島区、板橋区 (板橋村まで)
渋谷区(代々木村まで)
新宿区(角筈村、戸塚村まで)
品川区(南品川宿まで)


引用:
 タイトル:朱引 - Wikipedia
 著者:Mzaki氏, ShikiH氏, Mizuhara gumi氏, Htks氏, 英丸氏, Yuichirou氏, Greeneyes3氏, NOWOW氏, 119.105.137.118, TAMA氏, 相模原の人氏, Lakebuel氏
 URL・年:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B1%E5%BC%95

まとめ

  • 江戸開幕から、215年間もの間江戸の定義は明確でなかった
  • 1818年に江戸幕府が、江戸朱引図(えどしゅびきず)を公開して始めて江戸の範囲が明確になった

情報源